文字サイズ

採用情報RECRUIT

先輩を知る

私は、もともと製薬会社で働いていましたが、地元で薬局の薬剤師として働く事を決め、たくさんある薬局の中でも、『在宅医療』を積極的にやっているという点から、アクセスライフに入社しました。
これからの時代の流れを考えた時に、“「在宅」ができる薬剤師”というのは自分のスキルアップにもなり、非常にメリットだと思います。
当社では施設の患者様の往診時に医師と同行させていただくことができるので、先生と患者様との間で交わされる会話や、どういった流れで処方した薬を決めているかということも聞くことができ、勉強になります。
『在宅』を含め、薬局薬剤師は今後もっと『外』に出て行き、いろいろな人と関わりを持ってもらい、薬局を中心としたコミュニティのようなものを作って行く必要があると考えています。
最初はほとんどの方が、『在宅』に対してはとっつきにくいというイメージを持っていると思います。
しかし、私自身薬剤師としてはアクセスライフが初めての会社で、全く何もわからない状態から始まりましたが、医師をはじめとして施設の患者様もスタッフの方もきちんと信頼関係を築くことで、いろいろなことを教えてくださり、手伝っていただけるということが分かり、怖がる事も不安に思う事もないと感じました。
ですから、スキルアップをしたいという方、在宅をしたい、少しでも興味があるという方には、在宅ができる薬剤師といえるよう挑戦してもらいたいと思います。

インタビュー一覧